神戸市垂水区のおおの歯科医院です。 一般歯科、矯正歯科、小児歯科、インプラントなど歯のことはお気軽にご相談ください。

おおの歯科医院

お気軽にお問い合わせください。WEBからは24時間いつでもOK!
ご予約
お問合せ
078-220-4929

[月〜金] 9:00〜13:00 / 14:30〜18:30
[   土   ] 8:00〜12:00 / 13:00〜17:00
[休診日] 火曜午後・日・祝  ※祝日のある週の火曜午後は診療

ご予約はこちら 24時間受付

アクセス

【所在地】
〒655-0015 神戸市垂水区野田通8-25
※駐車場7台完備

診療について

受付時間 
 [月〜金]
   9:00~13:00
 14:30~18:30
(火曜午後休診)
  [土]
   8:00〜12:00
 13:00〜17:00
休診日
 火曜午後・日曜・祝日
※祝日週の火曜午後は診療

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

正しい機能と美しい歯並び

矯正歯科とは、咬み合わせの悪い部分や整列していない歯並びを、きちんと咬み合うようにしたり、キレイな歯並びにする歯科治療です。
矯正装置を使用し、アゴの骨や歯をゆっくりと動かすことで、咬み合わせと歯並びを修繕していきます。

矯正治療には様々なメリットがあります。
第1に、歯並びを治すことで、咬み合わせ、つまり噛むという機能(咀嚼機能)が改善し、健康面で向上します。
また、キレイな歯並びはブラッシングがしやすく、予防面においても非常に重要な役割を担います。

第2に、キレイな歯並びはそれだけで人に好印象を与えので、精神面が向上します。
矯正治療によって、ご自身の歯並びに対するコンプレックスを取り除き、自信に満ちた笑顔をもって精神的にも健康な毎日を過ごしませんか?

 

↓矯正専門サイトはこちらをクリックしてください

おおの歯科矯正サイト

小児矯正

小児矯正(床矯正)

小児矯正とは、成長過程を利用して、アゴのバランスや大きさを整える矯正治療(一期治療)です。
小児矯正をすることで、抜歯をせずに歯並びが治ることがあります。

また、小児矯正でアゴの骨を整え永久歯がキレイに並ぶ土台ができるため、永久歯列に行うマルチブラケット法による矯正治療の仕上がりが良くなります。

小児矯正は、永久歯列に行うマルチブラケット法による矯正治療の前準備段階ですが、場合によっては、小児矯正だけで矯正治療が終了できる事もあります。
また、小児矯正の対象ではない場合もありますので、診断が必要です。

床矯正とは?

床矯正とは、成長過程を利用して歯を動かしたり、アゴを拡大することにより歯を抜かずに歯並びを回復させる、入れ歯によく似た装置を用いる治療法です。
装置は自分で必要に応じて取りはずすことができます。
適応期間は主に6歳前後から15歳前後までです。

床矯正の長所・短所

長所
  • ・歯並びの問題に早期対応できる。
  • ・取りはずしが自由。(食事、歯ブラシ、運動、歌う時など)
  • ・抜歯をせずに歯並びが治ることがある。
短所
  • ・乳歯列から行うため長期管理が必要。
  • ・効果が装着時間に影響されるため入れないと治らない。
  • ・スクリューネジを回すため親の協力が必要。

マルチブラケット法による矯正治療

矯正装置のもう一つの種類には、マルチブラケット法による矯正治療があります。
マルチブラケット法には三つのタイプがあります。
歯の表側に装着する「唇側矯正装置」、歯の裏側に装着する「舌側(裏側)矯正装置・リンガルブラケット装置)」、上あごの裏側と下あごの表側に装着する「ハーフリンガルブラケット装置」の、3つのタイプがあります。


治療の流れ

1.治療のご相談・ご説明
1.治療のご相談・ご説明

気になる歯並びや矯正方法についてご相談ください。

2.検査
2.噛み合わせの検査

歯型の模型や患者様のレントゲンなどをもとに、“噛み合わせ”について検査します。患者様により、検査が1相談の時点で必要となる場合もあります。

3.診断結果のご説明・装置の準備
3.診断結果のご説明・装置の準備

患者様にとって最良の治療方針をご説明いたします。ご本人、ご家族と相談の上、最終的な決定をいたします。

4.装置装着
4.装置装着

矯正治療は、顎の成長があるお子様と、成長のほとんどない大人とで異なります。

5.調整
5.調整

1ヶ月に1度ほど、装置の調整を行います。 通常1回の治療時間は30分程度です。

6.治療終了
6.治療終了

治療の難易度によって治療期間が大きく変わります。 一般的な目安は2~3年ほどです。

7.保定・メンテナンス
7.保定・メンテナンス

装置をはずした後は、歯のまわりの骨が固まるまでの期間、 取り外しができる装置を使用します。(通常1~2年)
少し経てば、この装置の使用は夜のみとなります。


治療の流れ

1.ご相談
気になる歯並びや矯正方法についてご相談ください。

2.歯型の模型や患者様のレントゲンなどをもとに、“かみ合わせ”について検査します。
患者様より、検査が相談の時点で必要となる場合もあります。

3.診断
患者様にとって最良の治療方針をご説明いたします。
ご本人、ご家族と相談の上、最終的な決定をいたします。

4.治療開始
矯正治療は、顎の成長があるお子様と、成長のほとんどない大人とで異なります。

5.治療間隔
1ヶ月に1度ほど、装置の調整を行います。 通常1回の治療時間は30分程度です。

6.治療期間
治療の難易度によって治療期間が大きく変わります。 一般的な目安は2~3年ほどです。

7.保定、経過観察
装置をはずした後は、歯のまわりの骨が固まるまでの期間、 取り外しができる装置を使用します。
(通常1~2年) 少し経てば、この装置の使用は夜のみとなります。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。

② 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。

③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重 要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。

④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まります ので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと 隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。

⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること があります。

⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。

⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。

⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。

⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあり ます。

⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。

⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。

⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。

⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する 可能性があります。

⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。

⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物) などをやりなおす可能性があります。

⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。

⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えてい る骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になる ことがあります。

⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

おおの歯科医院に お気軽にご相談ください。

オンライン診療「クリニクス」 お問い合わせはこちら 24時間受付
ご予約
お問合せ
078-220-4929

〒655-0015 神戸市垂水区野田通8-25

土曜診療/野田通バス停下車1分・駐車場7台完備


受付時間
 9:00~13:00
14:30~18:30

土曜の診療は、8:00〜12:00 / 13:00〜17:00になります。
祝日週の火曜午後は診療致します。

   [休診日]   火曜午後・日・祝

PAGE TOP